あの恋スキャFXなどでお馴染みのクロスリティリング社から、

新たな新商材、FXアダムセオリー・マスタースクールが新リリースされたとのことです。

 

【商材名】 岩本式 FXアダムセオリー・マスタースクール

【概要】 デイトレード・スキャルロジック

【手法】 トレンドフォロー

>>公式ページはこちらをクリック

 

講師を務めるのは、MAX岩本さん。

一見、やや強面なイメージですが、

決してそんなことは無く、

常に初心者目線で自身の手法を詳しく解説しています。

MAX岩本式、「アダムセオリーロジック」とは?

 

アダムセオリーとは、天才投資家であるJ・W・ワイルダーが、

ある人物から大金を叩いて購入したマーケット理論です。

アダムセオリー自体、日本ではあまり知られていないロジックです。

 

今回の「アダムセオリーマスタースクール」においては、

MAX岩本氏が自身のトレード概念と、

アダムセオリーを融合したロジック

ということになるのでしょうか?

 

しかも、アダムセオリーのさらに上を行く手法に辿りつき、

利益を極限まで追求する工夫がなされているようです。

 

例えばこんな感じですね▼

 

トレンドというものは、一度発生すると一方に動き続ける性質が有ります。

相場の流れに素直に従う事が利食いのカギであると、

MAX岩本氏の基本のトレード戦略のようですね。

 

つまり、「FXアダムセオリーマスタースクール」の基本的なスタイルとは

トレンドフォローロジックになります。

 

では一体どん手法なのか?

この辺も詳しくロジックを検証していきましょう。

DMIを駆使したトレード戦略である

 

DMIとは、相場のボラティリティーを計るインジケーター。

DMIは、3本の移動平均線の値動きを示した指標になります・。

 

しかし、DMIは、レンジに弱いという性質が有るので、

これだけで売買を判断するのは非常に困難です。

 

そこで

”ある秘密兵器”

が登場します♪

 

相場のダマシを瞬時に見抜き、理想的なトレンドフォローが実現

 

このDMIに、「あるフィルター的な要素」を加えることで、

理想的なトレンドフォローが実現します。

 

「FXアダムセオリーマスタースクール」とは

簡単に言えばそんな様な手法です。

 

そして、FXはエントリーのタイミングも大事ですが、

引き際も大切。

適度なタイミングでポジションをクローズしていきます。

 

この手法は、1分・5分スキャルには適していませんが、

15分足以上であれば実践が可能だと思います。

 

私は普段DMIは使わないのですが、

相場のボラティリティーから、トレンドの状態を把握出来るのと、

決まった売買ルールに従うだけのシンプルなトレードなので、

初心者の方でも理解しやすいロジックだと思います。

 

基本的にDMIの動きを見て、機械的に売買を判断していきます。

肝心な「決済ルール」もきちんと用意されていますので、

塩漬けになる心配はありません。

利益を極限まで引き延ばし、損を小さく押さえていくロジック

 

損失と、利益の割合は1:5す。

例えば、損を20pipsとしたら、利益は100pipsという割合です。

 

この様に、損失が利益に対して2分の1以下でプラス決済で終われるのは、

やはりトレンド相場限定であるからです。

 

反対に、レンジではエントリーチャンスが少なくなりますが、

レンジ相場とは、方向性が不安定な状態なので、

そもそもレンジでエントリーしても勝ちにくいのです。

 

言い換えれば、レンジではむやみにトレードすべきでなく、

トレンドの方向がしっかり定まってからエントリーする方が

プラス決済で終われる確率が、圧倒的に高いのです。

 

反対に、岩本氏推奨の「アダムセオリーロジック」であれば、

レンジと、トレンドを区別しながら、

トレンドが出た方向にエントリー出来る理想的なロジック

という事が言えます。

 

こちらの手法と組み合わせても良いかも知れませんね!

非常に勉強になるロジックだと思います(^^

さらに詳しく知りたい方はこちら