12月5日の金曜日に、待ちに待った「米国雇用統計の発表」がありました。

個人的に、今回の相場はかなり読みやすかったと思います。

トータル3回のエントリーで66pipsをゲットしました\(^0^)/

26,500円の利益獲得です♪

 

この時もしっかりドラストFXのサインが出ていました

この時は2回目のエントリーを決済した時のチャート。

実際には、この後も買いでエントリーし、21pips程獲得しました

ドラストFX~12月5日の雇用統計トレード戦略

 

米国雇用統計と言えば、投資家にとって月に1度のビックイベント。

上手く戦略を立てれば、1度のエントリーでも大きな利益が期待出来るもの。

ただ、その分リスクも高く、読み方を一歩間違えると大変なことになります。。。

 

雇用統計は枚間のこと、かなり乱高下する相場です。

特に発表後15分くらいは相場が激しく乱高下しることも少なく有りません。

指標スキャル程ハイリスクなトレードは有りませんが、

 

むしろそのスリルがあるからこそ

指標スキャルは面白いのです^^

 

今回の雇用統計は、結果的に上昇しましたね。

開始直後は、一時120円前半まで急落しましたが、

その数分後には121円台前半まで突入。

ロング一本に戦略を絞り、かなり効率良く利食い出来ました。

 

ちなみに、ドル円はその後121.60付近を境にレンジに突入

こうなるとポジションを持っていても長期戦が予想されるので

週末といいうことも有り、この日のトレードはここで終了です

 

大乱高下相場のロットの調節は?

 

通貨ペアにもよりますが、一度ブレイクが起こると一方に伸びることもしばしば。

しかし、トレンドは永久に続く訳では有りません。

経験からして、5分足であればブレイク開始から

ローソク足3本目辺りからトレンドの勢いが弱まってきます。

※ブレイク相場でエントリー後に直ぐ逆行くするのは

天上でエントリーしている為

 

ポジションを追加する際には、必ずローソク足の動き・勢いを確認し、

トレンドの勢いに応じてロットを調節していきます

 

実際、私も1回目のエントリー時と、2回目のエントリー時では

ロットの数が違っています。

 

トレンドの勢いが弱まっている時に高額ロットは禁物。

勢いに合わせてロットの数を調節していくことも、資金管理のうちの1つと考えています。

毎回同じロット数では無く、トレンドの強弱に応じたロット数いにします。

正し、ロットを幾つにするかは、個人の資産状況・レバレッジによって異なります。

また、万一損した時のことも考えた上でエントリーします。

 

ドラゴンストラテジーFX

略して

ドラストFXとも呼ばれていますが、

 

人気の商材である為

かなり評価ブログが増えてきましたね。

ただ、このうち本当にトレードしている人が書いているブログは

果たしてどのくらいなのか?

恐らく、全体の10%にも満たないと思います。

 

つまり、販売ページや、販売者さんの評価を述べていいるブログの大半が

トレーダーでは無いということ。

私は、トレーダーの視点からして

そのような上辺だけのブログは見る価値は無いと思います。

トレードしていない人のブログから得られる情報は1つも有りません。

 

私の「場合は、

結果付きで実践チャートを公開しています。

FX商材検証ブログとはそうゆうものだと思っています。

 

実際にロジックを検証を行い

どのようなプロセスを経て結果を出せたのか?

ここがとても大切だと思います。

今後もドラストFXの検証を続けて行きたいと思います

 

PS

雇用統計を攻略する方法が特典動画に追加されました

今年7月の雇用統計の発表の動画になります。

勿論、ドラストFXを使っての解説です。是非こちらも参考にすると良いと思います